ブックマーク(2016-12-26)「生産性を最大にするには、90分間隔で作業し、1日4時間半までしか働かないこと」他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生産性を最大にするには、90分間隔で作業し、1日4時間半までしか働かないこと | ライフハッカー[日本版]

生産性を上げるために頻繁に休憩を取ることの重要性について、これまでも何度も議論してきました。しかし「PayScale」では、一度に90分間以上働かない方がいい具体的な理由を、わかりやすく説明しています。その理由の一部は、人間の基本的な休息活動サイクルと関係があります。

成功するのに一番大事な「胆力」が自分に備わっていることがわかる15の行動 | ライフハッカー[日本版]

胆力があるというのは、成功するためにやらなければならないことをする勇気と強さがあるということです。あらゆる可能性を排除して自分の成功を信じるということです。胆力が強ければ、能力や経験がトップレベルに及ばなかったとしても、他の人と違うと認められます。 では、自分に胆力があるのか、どうすればわかるのでしょう? 今回は胆力が表れている15の行動を紹介します。

能力や素質は成長できるとする思考様式「グロース・マインドセット(しなやかマインドセット)」で陥りやすい落とし穴とは? – GIGAZINE

「学びたい」という欲求から挑戦を喜んで受け止め、逆境にぶち当たっても問題解決のために努力するような思考様式「グロース・マインドセット」を提唱したのがキャロル・ドゥエック博士で、ドゥエック博士が著したグロース・マインドセットに関する書籍「マインドセット『やればできる! 』の研究」は欧米でベストセラーとなり、教育現場で取り入れられ始めています。そのドゥエック博士がThe Atlanticのインタビューで、人々が陥りやすいグロース・マインドセットの落とし穴について明らかにしています。

ハーバード大学教授が述べる「頭が良い人」に共通する7つの特徴 | ライフハッカー[日本版]

最後に、頭が良いということと性格はほぼ無関係です。頭が良い人の中には、謙虚で礼儀正しく人の気持ちがわかる人もいれば、傲慢で支配的な人もいます。自分をひけらかす必要性を感じない人もいれば、その場にいる人全員に自分の頭の良さを顕示しようとする人もいます。

本当にやりたいことを実現するための「8つの朝の日課」 | ライフハッカー[日本版]

ここに挙げたことをすべてやったなら、人生はより良いものになります。仕事も恋愛もうまく行って、もっと幸せになり、もっと自信や勇気が持てるようになります。頭もクリアになり、やりたいことやビジョンがより明確になります。

【書評・感想】Webマーケティング、ブログ運営の初心者にオススメの本 – Life is colourful.

何冊か気になった本を読む.

実はWordpress利用ブログのほとんどがユーザー名もろバレな件 – 対処法 | Tanweb.net

後日,対策する.

知らない人はかなり損をしている、10年前と比べて激安になったサービスまとめ。一度使ってしまえば、もう元のサービスには戻れません。 – クレジットカードの読みもの

この中では,ネットプリントと4Kテレビを利用,購入する.

「年収と年間支出額でリタイアまでに要する年数を算出」するグリッド | ライフハッカー[日本版]

リタイアなんてまだまだずっと先のことだと思う人もいるでしょう。リタイア時に必要なまとまった大きな金額のことばかり考えるよりは、小さい貯金目標をいくつも設定した方が良いでしょう。でも、数字を見るのもなかなか興味深いことです。上に載せたグリッドを見ると、自分がリタイアできるまでにどのぐらいの年数を要するかがわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。