オープンソースのテキストエディタAtom 1.18.0リリース、GitとGitHubが統合されより便利に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GitHubは現地時間6月13日にオープンソースのテキストエディタAtomの最新版であるバージョン1.18.0をリリースしました。

Atomとは、もともとMac OS X用にGitHubの内部で開発が進められてきたプログラミング向けのテキストエディタです。

CSS、HTML、JavaScriptなどのWeb技術を基に構成されたエディタです。

また、統合開発ソフトのようにビルドシステムやワークスペースなど、開発に有用な機能が元から備わっています。

最新のバージョン1.18.0の大きな変更点は、GitとGitHubが統合されたことです。

Gitのブランチの作成、commit、push、pullなどの操作がAtomだけで実行できるようになりました。

現在では、Mac OS X版だけでなくWindows版、Linux版も開発されています。

Linux(debian)版のインストール

Atom よりdebパッケージをダウンロードします。

ダウンロードされたatom-amd64.debをインストールします。

dpkg -i atom-amd64.deb

コマンドから起動します。

atom &

スクリーンショット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。